與利幾神社

 境内の西に鎮座する境内末社。

『安永6年(1777)11月18日、明神町の漁老平大夫という者が大洋で一つの霊木(楠木)を見つけ、渚に引いて置いたところ、常のものにはあらず怪しい光を発したので、里人はかしこみてこれを祀ったという。このとき、大洗磯前神社の巫女が湯を奉ったが、巫女はこれが信濃国諏訪の神木であると語ったと伝えられる。』と「磯浜誌」にあります。

 御祭神の大己貴命のお子様である諏訪大社、建御名方命の御神木が父神様のところに「寄ってきた」とされ「寄木」、さらに縁起のいい漢字を使い「與利幾」になったと伝わります。


與利幾神社からの眺め

天気がいい日は、鹿島灘が一望できます

與利幾神社裏手にある神橋からの眺め

某アニメにも出てきました。