軍艦那珂忠魂碑

 

 軍艦那珂(なか)は、日本海軍の軽巡洋艦。神社の北側を流れる那珂川に因んで命名され、艦内神社として当社がお祀りされていました。

 艦内神社とは、古くから船には神様を祀る風習があり、軍艦には艦名に縁がある神社の御分霊をお祀りして艦長はじめ乗組員は事あるごとにお参りしていました。

 軍艦那珂は20年ほど前線で活躍しましたが、残念ながら昭和19年2月17日に沈没しました。沈没後40年にあたる昭和58年に忠魂碑が建立され、現在も毎年2月17日に慰霊祭が行われています。

艦内神社については・・・艦内神社


軍艦那珂の絵馬制作中

 

鉛筆艦船画家 菅野泰紀先生に依頼して軍艦那珂の絵馬を製作しております。

現在のところ、慰霊祭が終了する令和5年2月17日15時頃から頒布予定です。

 

※なお、只今制作中の為、お問合せ等にはお答えできません。

詳細が決まり次第、この場でお知らせいたします。

軍艦那珂の鉛筆画完成!!!

鉛筆艦船画家 菅野泰紀先生に依頼しておりました軍艦那珂の鉛筆画が完成いたしました。 

題名は「波衝く槍の如く ー軽巡洋艦 那珂 2602ー」です。

題名の「2602」は「皇紀2602年(昭和17年)」のことでスラバヤ沖海戦参加時の「那珂」となっています。

 

この鉛筆画をもとに絵馬を製作して、2月17日の軍艦那珂慰霊祭にて奉告祭を行い、その後に頒布いたします。

 

※なお、只今制作中の為、お問合せ等にはお答えできません。

 

詳細が決まり次第、この場でお知らせいたします。