神磯の鳥居

御祭神が降臨された岩礁を「神磯(かみいそ)」と称し、神聖な場所として禁足地(足を踏み入れてはいけない場所)としました。

 

 古くから景勝地としても知られており、徳川光圀公が当神社を参拝の折に、この景観を称え、

あらいその岩にくだけて散る月を

一つになしてかへる浪かな

 

と詠まれました。

 現在この岩礁の上に降臨の場所を表す鳥居が建っており、神社だけではなく大洗町のシンボルとなっています。

 毎年元日には、宮司以下神職は海岸に降り、大神の御降臨の地を照らしながら昇る初日の出をお参りする「初日の出奉拝式」を執り行います。

 季節を問わず、日の出の時刻には、絶景を写真に収めようと多くの写真愛好家が集まります。

 

日の出の時間はこちら

※冬至の頃に写真のように鳥居と朝日を一枚におさめることができます。