御本殿

本殿・拝殿・随神門は水戸藩2代藩主徳川光圀公の命で造営を始め、3代綱條公の享保15(1730)に竣工。

  今ではなかなか見ることができない茅葺の御本殿です。

 彫刻部分だけ色彩が施されています。塀越しではありますが江戸時代初期の神社建築の工法をご覧いただけます。

 本殿を取り囲む塀の石積みには細かい網目模様の細工が施されています。江戸時代初期の石工さんの仕事です。